パワハラ・セクハラでの紛争を解決

 パワーハラスメント(パワハラ)問題が訴訟または労働組合(ユニオン)団体交渉要求事項となって労使紛争化するケースが急増しています。パワーハラスメントの防止(予防)対策が、会社や病院や介護施設等の会社の労務管理上の大きなテーマとなっています。

 しげかわともみ社会保険労務士事務所では労働組合対策など労働問題相談を行っていますが、その経験を基にパワハラ・セクハラ防止対策のアドバイス、パワハラ・セクハラ防止規程の作成、パワハラ・セクハラ管理職研修の講師、外部相談窓口(有料)などをいたします。



重要な問題点は「何がセクハラ・パワハラになるのか」だけなんです。

そのことと抱き合わせで、セクハラ・パワハラが発生した場合の対処方法、起きないようにするための防止対策などについてしっかりと整備しておかなければなりません。

セクハラ・パワハラは、法的なきまりが何もなく、判断するための基準もあいまい。
 このような状況だからと、セクハラ・パワハラがあったことをネット上で流されただけで、会社にとってはダメージが大きい。

 御社の状況を調査し、裁判例とのすり合わせを行うことで、セクハラ・パワハラのリスクの発生を防ぐために、就業規則に盛り込むことも可能です。


◯パワハラの定義
◯他社事例
◯裁判事例
◯行政サポート
◯職場でのコミュニケーションスキル
◯社内研修用資料



職場のパワーハラスメント(パワハラ)について

 最近、上司のパワーハラスメント(パワハラ)により「うつ病」など精神疾患を部下が患い、労災請求をされたり、外部労働組合(合同労組・ユニオン)に訴えられて労働紛争になるケースが増えています。

 しかし、パワハラはセクハラと違って法令等で明確に定義されていません。そのため、あいまいな部分があるため対処が難しいのですが、放置しておくと企業や病院・介護施設といった事業所は大きなリスクを負うことになりますので、パワハラ防止対策は雇用管理上の重要なテーマとなっています。


パワーハラスメント(パワハラ)増加の背景

パワーハラスメントの増加の背景には、3つの変化、つまり経営・職場環境の変化、社員や職員側の変化、ハラスメントに対する社会的認知度の変化(向上)があると指摘されています。

まず、経営環境や職場環境の変化ですが、経営環境が悪化し、競争も激化し、会社には業績を追い求める風潮が以前よりも強まっています。そのため、社員一人一人の業務量も過多となり、職場に余裕がなくなり、管理者自身も成果達成に追われている現状もパワハラ増加の原因の一つと考えられています。


まず、経営環境や職場環境の変化ですが、経営環境が悪化し、競争も激化し、会社には業績を追い求める風潮が以前よりも強まっています。そのため、社員一人一人の業務量も過多となり、職場に余裕がなくなり、管理者自身も成果達成に追われている現状もパワハラ増加の原因の一つと考えられています。


まず、経営環境や職場環境の変化ですが、経営環境が悪化し、競争も激化し、会社には業績を追い求める風潮が以前よりも強まっています。そのため、社員一人一人の業務量も過多となり、職場に余裕がなくなり、管理者自身も成果達成に追われている現状もパワハラ増加の原因の一つと考えられています。


重要な問題点は「何がセクハラ・パワハラになるのか」だけなんです。

そのことと抱き合わせで、セクハラ・パワハラが発生した場合の対処方法、起きないようにするための防止対策などについてしっかりと整備しておかなければなりません。

セクハラ・パワハラは、法的なきまりが何もなく、判断するための基準もあいまい。
このような状況だからと、セクハラ・パワハラがあったことをネット上で流されただけで、会社にとってはダメージが大きい。

 御社の状況を調査し、裁判例とのすり合わせを行うことで、セクハラ・パワハラのリスクの発生を防ぐために、就業規則に盛り込むことも可能です。

  • パワハラの定義
  • 他社事例
  • 裁判事例
  • 行政サポート
  • 職場でのコミュニケーションスキル
  • 社内研修用資料

セクハラの発生を防ぐ職場環境を作るためには、時間をかけた労務環境の整備が必要になります。br 就業規則の規定と運用にとどまらず、未然防止の為にも会社側と従業員側のお互いの立場に立ち、会社の方針を含めた総合的なセクハラ防止体制を描くことが肝要です。

経営者の方をサポート。
お気軽にご相談ください。