重要な問題点は「何がセクハラ・パワハラになるのか」だけなんです。

そのことと抱き合わせで、セクハラ・パワハラが発生した場合の対処方法、起きないようにするための防止対策などについてしっかりと整備しておかなければなりません。

セクハラ・パワハラは、法的なきまりが何もなく、判断するための基準もあいまい。
 このような状況だからと、セクハラ・パワハラがあったことをネット上で流されただけで、会社にとってはダメージが大きい。

 御社の状況を調査し、裁判例とのすり合わせを行うことで、セクハラ・パワハラのリスクの発生を防ぐために、就業規則に盛り込むことも可能です。


◯パワハラの定義
◯他社事例
◯裁判事例
◯行政サポート
◯職場でのコミュニケーションスキル
◯社内研修用資料


セクハラの発生を防ぐ職場環境を作るためには、時間をかけた労務環境の整備が必要になり

経営者の方をサポート。
お気軽にご相談ください。